Raspberry Piでインターバルカメラ

投稿者: | 2016年2月22日

こんにちは、技術系の投稿は初めてなので不安です。書き方とか(´・ω・`;)

今回はRaspberry PiでWEBカメラで定期的に撮影し、ついでにピエゾスピーカーで撮影したことを知らせるインターバルカメラを作りました。

必要なもの

wp-1455890238609.jpg

  • WEBカメラ
  • ピエゾスピーカー(圧電スピーカー)

以上!

準備

今回はfswebcamという写真を撮るソフトとWiring PiというCでプログラムできるソフトの合わせ技でやります。こういうはシェルスクリプトの方が早い気がしますが使ったことがないので今回は使いません。

WiringPiをインストールしていない方はインストールしてください

fswebcamをインストールします。

できたら

で写真がとれます。

プログラム

webcam.cを作り編集していきます
(SFTPを使ってPCから転送するとはかどります。詳しくはこちらなどを参照してください

突っ込みどころ満載のコードだと思います。すみません
system()はコンソールで実行できるコマンドを実行できます。(こういうの何て言えばいいの?)
あと今回は日付表示はいらなかったので –no-banner にしてこんな感じに書いてます。

/home/piまで指定してるのはラズパイの起動と同時にこれも起動するようにしたら/home/piまで書かないといけなかったようです。

あとはGPIO17とGNOにピエゾスピーカーを繋げれば完成。ピエゾスピーカーに極性はありません。

まずはコンパイルです。softToneを使うときは -lpthreadも必要になります。

で実行です。
音とともに写真が撮れたら成功です

自動起動の設定

今回はraspiの電源を入れると勝手にプログラムが実行されるようにしたかったのでその設定をします。
今回はmagbotの設定のサイトを参考にしました

まずnanoで/etc/inittabを編集して、オートログインの設定をします。

そして

を#でコメントアウトします。
んで、

新しくこれを書き込めばおkらしいです。間違えないようにしてください。

次に自動起動の設定をします

を開いて
exit 0のまえに

を入力します&を書き忘れるとraspiが起動しないそうなので気を付けてください
あとは
sudo reboot
して起動されてたら完成です。

実戦導入

鋸山に行ってきました
DSC_0177
DSC_0181

いろいろ取り付け場所を工夫したのですが、あまりうまく撮れませんでした。
1000枚撮ったんですけどね。
long91
こんな感じのがたくさん撮れてました。

なんか改良の余地ありそうなのでまた作り直すかもです。いや、めんどくさいからいいや
今回、これを作るにあたって、Twitterの方々からいろいろアドバイスをもらいました。Ecruさん、ぼんじんさん、qmoreさんありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です