自由に効果音を再生できる機械、「wear ON!!」まとめ

投稿者: | 2017年11月1日

wear ON!!とは

wear ON!!は動きに合わせて効果音を再生できる装置」です。自分の動きだけではなく、相手の動きに効果音をのせることもできます。

動画をみるとわかりやすいと思います。実際に見るともっと面白さが伝わりやすいです。

バルーンづくりもしてます。

仕組み

こちらが仕組みの概要図です。ArduinoとRaspberry Piをシリアル通信しています。RaspberryPiで音を流しBluetoothスピ-カーで再生しています。

仕組み概要図

音を鳴らすトリガはタクトスイッチと圧力センサです。タクトスイッチと圧力センサを身体に張り巡らしています。
スイッチ基板は効果音セット切り替え用です。

既視感。。

この「音を自由に鳴らす」というアイデアはすでに存在していてそれを真似をしました。ただ、仕組みや方法は全く別物です。

今後の展望

  • ハードウェアを動かす
  • Arduinoから無線通信で信号を送る→信号を受信したら有線でつながれたスピーカに効果音再生というフローに変更してラグ減少。
  • raspberry Piからandroid端末に変えて安定性の向上

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です