WiiUとRaspberry Piを使ったラジコン

初:2015年11月1日 更新:2019年1月5日

WiiUでラジコン!

nintendo WiiUとRaspberry Piでラジコン作りました。WiiUを電子工作に応用したのは多分僕が初めてです。というかWiiUが流行らなかったせいかWiiUの拡張機能を使ってる例がまず稀ですね。。

WiiUゲームパッドの左右のスティックで操作できます。また、カメラはサーボモーターを使い、180度の範囲でゲームパッドの向きに合わせて動きます。ゲームパッドの+ボタンで正面にリセットできます。
また、カメラはストリーミングで表示しながら操作できます。
Raspberry Piを使って開発言語はjavascriptとpythonです。

大雑把なシステム概要

システム図

WiiUについて

WiiUでは標準で搭載されているブラウザを使っています。

WiiUのスティックとゲームパッドの姿勢の取得にはWiiUの搭載ブラウザの拡張機能を使用しました。

任天堂のWEBサイトで丁寧に説明されてます。

インターネットブラウザーの拡張機能について

また、値の取得はjavascriptを使って取得しています。

操作方法

こんな感じ

Raspberry Piについて

Raspberry PiはWebIOPiというものを使って開発しました。ブラウザ部分をhtmlとjavascriptで開発でき、javascriptの部分からRaspberry PiのGPIOを制御できます。また、細かい制御はpythonで書きます。

カメラのストリーミングはMJPEG-streamerというソフトウェアを使いUSBカメラの映像をストリーミング再生しています。

基板はモータードライバTA7291pを使っています。去年の大会で使った基板を流用しています。

 

 

カテゴリー: 未分類